宿便を出すサプリはこれに決まり!

宿便を出しスッキリした女性

 

当サイトは宿便を出すために効果的なサプリを厳選して紹介しています。

 

お腹に溜まった便をごっそり出すためには、
腸内フローラを良好にするビフィズス菌・乳酸菌の力が不可欠です!

 

乳酸菌のサプリは数多く販売されていますが、正直優秀なものはごくわずかです。大体の商品が乳酸菌が含まれていても、腸にまで届かず死滅してしまい効果のないものもあります。

 

当サイト掲載中のビフィズス菌・乳酸菌サプリは腸にまでしっかり届き宿便排出に働く確かなものだけに限定しています!どうぞ参考にしてください。※ちなみに一番のおすすめは便通改善効果の認められた機能性表示食品のヘルスエイド ビフィーナSになります。

 

ヘルスエイド ビフィーナS

ヘルスエイド ビフィーナSは、機能性表示食品を取得したビフィズス菌(ロンガム種)を配合したサプリメントになります。50億個ものビフィズス菌(ロンガム種)が腸にまでしっかりと届き、腸内フローラを良好に、そして溜まった便の排出作用をもたらします。検証結果からもビフィーナSを継続摂取した場合、排便回数が増加したことがわかっています。宿便・便通改善するならまずはヘルスエイド ビフィーナSを始めましょう。当サイトより初回限定価格の購入が可能です。

 

花菜の選べる乳酸菌

花菜の選べる乳酸菌は、良質な乳酸菌を1日分に5000億個含有した最高クラスの乳酸菌サプリメントになります。乳酸菌の数がただ多いだけじゃなく、ナノクラスの高機能乳酸菌だから体内にしっかりと吸収され、腸内環境を整える作用をもたらします。今までにどんなサプリも効果なかったあなたにおすすめのサプリメントです。

 

リズムハーブS

リズムハーブSは、便秘・宿便に効くおなか専門薬局が製造販売する便秘薬になります。溜まった便をスルっと出すプランダコオバタを配合しているから、一般的な便秘薬と違い出すのが辛くないのが特徴です。リズムハーブSは医療機関専売品だから確かな効果が期待できます。

 

 

宿便を出すためにサプリがおすすめ!

 

腸の活動が何らかの要因で十分に行われずに便の流れが悪くなってしまい、排泄までの期間が長くなってしまった残留便のこと一般的に宿便と言います。

 

一昔前は、数ヶ月などの長期間にわたって腸内に残った便をすべて宿便と呼んでいましたが、現在ではそのようなケースは何かしらの病気による影響なしには起こることが考えられないとして、否定されるようになりました。数日程度の宿便なら、一般的には便秘として考えて解消策を考えるようになっています。

 

宿便が便秘と同じような状況だということで、解消法も便秘から取り入れられて広く情報も広がるようになりました。とはいえ、便秘なら大丈夫ということはなく、早く解決しなければ他の問題を生じてしまいますので早めの解決を目指しましょう。

 

もしも腸内に残留便が残り続けると、強い臭いの発生源になったり悪玉菌の繁殖する場となってしまいます。この宿便を解決する方法として次のようなものがあげられています。食生活の改善、生活習慣の改善、薬による強制排出、断食、などです。

 

生活習慣の改善は人によって簡単で、また人によってはどうしようもないという個人差が大きいのですが、正常なリズムに近づける努力をすれば誰にでも効果があります。

 

薬による排出や腸内洗浄と呼ばれる方法は、排便を強制的に促して腸内をきれいにする方法ですが、強制的に行われるために体にかかる影響も大きく、痛みが生じることやその後も不調が続くことも多く、効果と共に負担も大きい方法でもあります。また、宿便の排出には効果が見られるものの、原因が取り除かれているわけではないので、繰り返してしまう可能性も高く、あまりオススメの方法とは言えません。また、薬に頼ると依存してしまう人もいますので、できるだけ自然な形で根本から整えたほうが健康のためにはよいでしょう。

 

宿便解消のためのサプリメントも最近はラインナップが豊富になってきました。サプリメントは玉石混交で、特定の栄養素についてある程度知識がなければ選ぶのも簡単ではありませんし、その効果を実感するのも難しいと言われています。健康的に無理なく宿便を解消したい場合は、自然の原料を利用したものや、食物繊維を豊富に含むもの、体に必要な酵素を補うタイプのサプリメントがオススメです。

 

サプリ以外の宿便を出す方法!

 

宿便を出すお茶

 

宿便はよく知られているように、腸の働きが弱ってしまうことで引き起こされる体内に便が残ってしまう現象です。この宿便が数日残ってしまう場合、その残留便は腸内で腐ってしまって悪玉菌を発生させ、嫌な匂いの元となってしまう他、様々に影響して排便が苦痛となってしまいます。

 

最近は便秘や宿便に効果のあるお茶商品が増えてきています。昔からお茶に利尿作用があることは知られているのですが、自然原料を使用したお茶の中には腸内に強く働きかけてくれるものもあります。

 

センナという成分が含まれているものが宿便に効くお茶には多いようです。このセンナは大腸を活発に活動させる効果があり、日本では医薬品の扱いを受けています。やはり医薬品に指定されるだけあって、大腸に与える効果は非常に大きいです。

 

普段、腸は蠕動運動によって排泄を進めているのですが、この活動が弱まると便の排泄が滞るようになり、便秘が起こってしまいます。上記のセンナにはセンノシドという成分が含まれていて、この成分の働きとしては大腸の蠕動運動を活性化させて便通を促すことがあります。この特性を利用して、便秘解消などに役立てようとお茶にしたものがセンナ茶といわれるもので豊富な種類が販売されています。

 

このセンナ茶には即効性があって、人によってはわずか一時間程度で便意をもよおす場合もあると言われています。センナ茶を愛飲している方には便秘で悩んでいるという方も多く、特に女性は便秘がちですので人気が高くなっています。

 

センナ茶は効果が高い反面、医薬品として扱われるほどですから、当然注意すべき点もあります。高すぎる効果が逆に下痢をひきおこしてしまい、体に負担になってしまうこともあるそうですから注意しましょう。便秘の改善のためにといって飲みすぎてしまうことで、逆に今度は下痢になってしまってやはり腹部は辛いということにもなりかねませんので体調と適量を考えながら飲むように注意しましょう。

 

毎日少しずつ飲みながら、どのくらいの体調であればどのくらい飲めばいいのか、自分で少しずつ確認するようにして、極端に走ることがないように飲む際にはよく調整して飲みましょうね。

 

宿便を出す漢方薬

 

宿便は西洋医学ではその存在が近年否定されるようになりました。しかし、東洋医学では昔からそのような状態は考えられており、漢方などによって体質を改善することで解消するように働きかけてきました。

 

食生活が原因となって宿便が起きる状況をみてみると、肉類が中心となった食生活になっていることが多く、野菜を食べない人、便秘がおきやすくなる食品(消化に悪い食品)を食べている人、そもそも腸の機能が低下していて蠕動運動が十分に行なわれていない人、体が冷えるもの(東洋医学では冷えは万病の元)ばかりを食べて、体が冷えてしまっている人、水分の摂取量が不足気味で便が硬くなって流れにくくなっている人などに起こっていることがわかり、そうしたことに原因があることが考えられます。

 

西洋薬を使用せず、漢方などで宿便を解消しようとした場合には、腸の働きを活性化するための栄養が含まれているものや、冷え性の解消に効果のあるもの、食物繊維が豊富に含まれているものなどを用います。いずれも宿便そのものに目的を置いているというよりは、他の多くの効能の中で体調を管理し、宿便を解消するものです。

 

また、西洋薬や漢方を問わず、便秘に効果があるとして販売されている商品の多くには、よくわからない成分が含まれていることも多く、実際の効果のほどは不明であるといったことも多くありますから、ある程度の知識をつけておくことで宿便の解消もスムーズになるのではないでしょうか。

 

たとえば、乳酸菌が腸に効果があると長く言われていましたが、乳酸菌も死滅せずに腸にまで届くのがほんの僅かであるということもわかりました。ですから、宣伝に安易に惑わされず、効果があることが自分で正確にわかるものを使用するのが一番確実な方法です。

 

これにはどうしても知識が必要ですから、自分で判断することが難しいと思われる場合は、一度病院で検査してもらって原因を調べてもらい、自分に不足している栄養や生活習慣を調べてもらうのが良いかもしれません。

 

医学的にも、便は自分の体調を示してくれる一つのバロメーターですので、宿便がおきているという事は何か自分の体内で問題があるということを意味してもいます。もしもあまりにそうした状態が長く続くようなら、原因をしっかりとつきとめるようにしましょう。ましょう。

 

宿便を出すマッサージ

 

宿便の解消にお悩みの方は多くいらっしゃると思うのですが、実際にどのような解消法があるのかと言えば、食生活の改善、生活習慣の改善、ストレスからの解放、ホルモンバランスの調整、運動不足の解消などの手段が一般的です。

 

この中で一番のオススメは、食事の改善による宿便の解消法です。というのは、食生活はやはり直接的に腸と関わりがありますから、どんな食べ物を食べたかによって便秘の程度や頻度には大きな違いが生じてきます。便秘に効果的で、かつ身近な栄養といえば何といっても有名な食物繊維です。

 

食物繊維はよく知られているように、便通を促す作用がありますのでたくさん摂取しておくとよいでしょう。ただし、摂取しすぎると今度は腸に負担をかけたり下痢になる場合もありますのでほどほどが大事です。

 

他の解消法も効果があるのですが、少し毛並みの違う方法としてマッサージによる解消方法もあったりします。これは、老廃物の除去で有名なリンパマッサージによる方法です。マッサージを行うことによって、体内から余分な水分を直接排出して血液の流れを改善する作用があります。

 

宿便の原因と思われる要素に冷え性があるのですが、体をリンパマッサージによって暖めることでこの冷えが取れて血行が促され、宿便が解消されることがあります。

 

腸に直接的に働きかけたい場合のマッサージとしては、腸マッサージとよばれる方法を行うと良いでしょう。腸マッサージは簡単で、寝転んだ状態になってお腹の上をのの字を描くようにお腹を擦っていきます。円を描くような感じで、中心から外側に向かって軽く擦っていきましょう。こうすることで腸の働きを活性化し、便通をよくすることを助ける効果が出てくるそうです。この時、あまり強く押さず、柔らかくさするように手を動かしていくように気をつけてください。強く押すと返って負担がかかって逆効果になってしまいます。

 

他にも、指圧マッサージによって臍の周りを刺激すると便通を促す効果があるそうです。これもやはり強く押すのはよくないため、ある程度のところまで指の腹で優しく押し込んでいきましょう。マッサージは費用もかかりませんし、手軽に行うことができるのが最大の特徴ですので、調子が悪いなと感じたらまずは少しずつ行ってみると良いかもしれませんね。

 

ニードル脱毛治療